キャリアとは?

「キャリア」は、Careerの日本語訳としては「経歴」ですね。
キャリアパス、さらに、キャリアプラン・キャリアマップ作成などにおける「キャリア」は、「経歴」と考えてもよいかと思いますが、それはこれまで「キャリア」は企業内にフォーカスしたものであったからその解釈が成り立っていたのではと感じます。

しかし今や、一つの企業で定年まで働くことは、ごくまれになり、独立起業するという人も増えている中、「キャリア」は単に「社歴」や「履歴」というとらえ方では事足りなくなっています。

中央教育審議会が、平成23年1月にまとめた「今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について(答申)」に、キャリア教育についての提言が書かれていますが、その中で、「キャリアの意味するところ」は、「人が生涯の中で様々な役割を果たす過程で、自らの役割の価値や自分と役割との関係を見出していく連なりや積み重ねである。」と、されています。

提言では、このあと学校教育におけるキャリア教育のあり方が述べられていますが、この意味するところは、学校教育だけでなく、非常に本質的なところを突いたものと考えています。

すべての人には、社会的存在意義があります。すべての人には社会的な役割があるということです。それを全うすることが、それぞれの人の人生であり、人生はそれらを全うするためにある、ともいえのではないかと思います。

まずは、自分の社会的な役割は何か?という発見が必要ですが、それを発見することこそがキャリアのファーストステップであり、それを全うするためにスキルを身につけて、そして実践していくというのが、キャリアを積むということなのだと思います。