目的志向

「目的と目標」はよく聞く言葉で、またその違いについてもよく話されることがあります。

でも、本来は違いではなく、その関係性に着目しないとよくわからなくなります。

目的は「ゴール」だともよく言われます。それは正しくもあり誤解を生むこともあります。

たとえばマラソンランナーを思い浮かべたとき、ゴールというと、テープを切るあの姿が思い浮かぶでしょう。「そこへ向かって走る」という意味ではマラソンの目的と言ってよいかも知れません。では目標は? 完走すること、4時間でゴールに到達することなど、一人ひとり「目標」をたてることができるでしょう。

目的と目標はそのように説明をしている人も多くいますので、そう理解している人も多いでしょう。

それも間違いだとは思いませんが、そこから応用していく際に、何か違った方向へ進んでしまう人が多くいるように思います。

よくある間違いが「まず目的を定めましょう」ということ。

何かを始める際に、「目的を決めてから始めよう」と聞くことがあります。
いやいやそれは「目標でしょ」と思います。

そもそも目的は「何のために」ということです。

マラソンでいうと、何のために走るのか、何のために完走するのか、何のために4時間を切るのか、ということです。

今、「何のために」ということを考えなく行動していることが多くあるように思います。仕事に関しても、この仕事は何のためにやっているのか意識せずしていることも多いのではと思います。それは単なる作業で、それこそAIやロボットに簡単にとってかわられる仕事ではないでしょうか。

基本的にすべてのことは目的があって行動しているはずです。それを意識せずにやっていることが多いだけです。

つまり、目的は定めるものではなく、そもそもあるものです。

それを意識せず始めてしまっていることは、一度立ち止まって、目的は何だったかを考える、あるいはあらためて目的を明確にするということが大事です。

「何のため?」というのが目的です。

何のためにこの作業をしているのか、何のためにこの仕事をしているのか、何のためにこの会社にいるのか、何のための人生か。

これらは少し哲学的な側面がでてくる場合もあります。
多層的な場合もあります。
少し練習しないと、難しいかも知れませんが、でも、目的は大事です。

「目標」は多くの人が意識をしていると思います。仕事においてもとても大事なので、意識を強制的にさせられてきたということもあると思います。売上目標だとか、今期の目標だとか、機首に自己成長の目標管理だとか。これらは評価とつながっていて、逆に評価のために目標を立てさせられるということも多いと思います。

さて目的はというと、要は「何のためにその目標を達成せねばならないのか」ということです。

売上ノルマ100万円。何のために、なぜ100万円を売り上げないといけないのか。目標を立てた人も立てさせた人も意識してますか? それは同じですか? ということです。

前期が80万円だったから、とか、部門全体で1,000万円がノルマだから、というのは本来の目的ではありません。

そう言われると、そんなこと考えてもみなかったという人も少なくないのではないでしょうか。

目的は作るものではなく、そもそもあるもの。

それが明確であれば、目標達成へのパワーがみなぎるはずです。

逆にそれがないと目標を達成しても、一時的な喜びだけで、また次の目標に向かって走らされるだけになってしまいます。

目的意識は実はとても大事なことです。
「何のため?」というのを問うてみて、明確に言えないとしたら、まずはそこを探求しないと、達成力が弱まったり、達成しても徒労感だけが残ってしまいます。

目的意識を、常にあたり前に意識せずいつもある状態が、実は達成力や喜びの根源なのです。

そうなるには、多くの人は少しのトレーニング・練習が必要です。